上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近の洋楽は、メジャーよりもインディー・シーンからの作品の方がとても魅力的に聞こえる。しかも店頭に足を運んでも、新たな発見は少ない。仕事の行き帰りに寄れる範囲で僕が唯一頼りにしているのは、タワーレコード新宿店の洋楽フロアにあるインディ・ポップのコーナーで、バイヤーオススメのCDが常時30枚ぐらい試聴出来るようになっている。しかもほとんどがオルタナやグランジと言うよりは、UKギター・ポップやネオアコ、USだとビーチ・ボーイズなどの系統を引くモノだったりするので、新たな発見も多かったりするのだ。

 しかしそのタワレコですら、なかなか手に入らないモノも多い。MySpaceなどを調べてリリースされていることを確認したものの、実際に店頭に行ってみるとどこにも置かれていない。マニアックなものはディスクユニオン新宿本館の6F インディ/オルタナティヴロックフロアで探すこともあるが、それでも見つからないものもかなりある。

 そうすると必然的にアマゾンのjpやusやukで、という流れになるのも致し方ない。僕はどうしても入手したいものに関しては、昔渋谷の宇田川町に店舗があったアップルクランブルレコード(現在は通販のみ)を利用している。この店を経営している松本さんは、このジャンルでは信頼のおける優れたバイヤーだ。
http://www.apple-crumble.com/

 ということで、このところは面白い新譜が目白押しなのだが、こういう理由で通販で入手することが多くなった。最近のイチ押しは、やはりラッキー・ソウルのニュー・アルバム『A COMING OF AGE』だろう。前作は日本でもヒットし、ジャケはイマイチの評価が多かった日本盤『恋はゴージャスに』まで発表したUKの6人組だが、3年ぶりの2ndアルバムとなった『A COMING OF AGE』は前作に劣らない素晴らしい出来。レトロな路線はそのままに、60年代のアメリカン・ポップスを軸としながらもそこにUK独特の疾走感やポップ感覚をプラスしたサウンドで、上質な内容だ。カメラ・オブスキュラあたりが好きな方なら、絶対買いだと思う。パワー・ポップ系からカントリーまで、様々なエッセンスを取り入れたアレンジも魅力的だ。
 なお『A COMING OF AGE』は現状、日本盤は未発売。オリジナルのEU盤(Ruffa Lane Records)はディスクユニオン新宿本館6Fで、そして何とスペインのエレファントからも発売されていて(別ジャケ)、こちらはボーナス・トラック1曲追加。アップルクランブルレコードで購入可能。
 また「Woah Billy!」がRuffa Lane Recordsから7インチ・アナログでカットされている。

COMING_OF_AGE.jpg


 それからこれも最近手に入れたのが、USの4人組女性バンド、THE LIKEの久々となるアルバム『RELEASE ME』。ジャケからして想像がつくかも知れないが、これも60年代のエッセンス、それも少しモッズよりなテイストを前面に出した秀作だ。THE LIKEと言えば、これも2006年に日本盤『ザ・ライク』(原題:ARE YOU THINKING WHAT I'M THINKING?)がユニバーサルからリリースされていたのでご存じの方もおられるかも知れないが、当時は3人組で、しかも日本盤のセールス・トークが「才能、ルックス、バック・グラウンド…全てを兼ね備えた「ガールズ・セレブ・トリオ」遂に日本デビュー!」というものだったので、サウンド的なものやソングライティングの才能を武器に売り出した感じでは無かったような印象がある。
 しかし最近リリースされたニュー・アルバム『RELEASE ME』は全然違う。分かりやすく例えれば、シャングリラス的なエッセンスとモッズ風味を表に出しながらも、メロディ・ラインの美しさと豊富なアイディアを散りばめて、上手く60年代と現代とを結んだ作品、とでも言えるかと思う。一言でいえば、現代版の演奏できるシャングリラス、といった感じだ。
 今作では、そのほとんどの曲をギター&ヴォーカルのZ・バーグが手がけているのだが、これも最近、僕が好きでよく聴いている女性ヴォーカル・バンドの特徴とも一致する。カメラ・オブスキュラのトレイシーアン・キャンベル然り、元ピペッツのローズ・エリナー・ドゥーガル然りである。

THE_LIKE.jpg


 USにしてもUKにしても、この辺りのインディー・シーンがすごく充実した作品を次々市場に送り出している。しかもダウンロード全盛の時代にあって(勿論ダウンロード販売も行っているが)、凝ったデジ・パックでCDをリリースし、その上アナログまで発表しているという事実。カメラ・オブスキュラもニュー・アルバムから4枚の7インチをカットし、LPまで出している。データとしての音楽ではなく、パッケージやアートワークにまで拘ってこそ生まれてくる、そのアーティストの世界観というモノが、確かに存在することを皆知っているのだ。

 そして残念ながら、これらが日本盤としてリリースされていないという事実。そろそろ既成のレコード会社やレーベル、販社の枠を打破すべき時期に来ていることは確かだ。
スポンサーサイト
procol.jpg

 この前の「Pied Piper Days Vol.33」@ケンウッドスクエア・丸の内では時間がなくてご紹介できなかったのですが、最近手に入れた音楽DVDの中でも気に入っているのがこの『PROCOL HARUM IN CONCERT WITH THE DANISH NATIONAL CONCERT ORCHESTRA & CHOIR』(eagle vision/EV 30275-9)。輸入盤オンリーですが、リージョン・フリーでちゃんと日本の器機でも再生できます(当初リリースされたものはリージョン1でしたが、最近リージョン・フリーのものが発売され、現在輸入盤店に並んでいます。また同じライヴを収録したCDも発売中)。

 このDVDは、2006年8月20日にデンマークのLedreborg Castleで行われた、プロコル・ハルムのライヴの模様を収録したもので、とにかく広い庭園で行われ、観客は12,000人を超えるという大規模なもの。

会場はここ↓
http://www.ledreborg-slot.dk/

 プロコル・ハルムと言っても、初期の名曲「青い影(A WHITER SHADE OF PALE)」やアルバム『ソルティ・ドッグ』の頃のオリジナル・メンバーはゲイリー・ブルッカー(と作詞のキース・リード)だけで、もちろんギターのロビン・トロワーや、一時復帰していたオルガンのマシュー・フィッシャーは脱退しており、このライヴでその姿を見ることが出来ない。しかし、それを差し引いても、プロコル・ハルムが本来持つ勇壮な様式美に支えられたブリティッシュ・ロックの奥深さを、本作で十分楽しむことが出来るのです。そして何より、背後で演奏を支える大人数のオーケストラとコーラス隊、これがプロコル・ハルムの名曲をより引き立て、本来楽曲が持つ世界観を色鮮やかに甦らせることに成功しています。広大な庭園の中に響くはゲイリー・ブルッカーの歌声は衰えるどころか昔のままで、これを見るだけでも価値があるというもの。そして選曲もいつになくファン・サーヴィス的な、まさにベストとも言えるもので、意外と過去のライヴでは見かけなかった「青い影」や、「A SOLTY DOG」「GRAND HOTEL」「HONBURG」「SIMPLE SISTER」「CONQUISTADOR」といった代表曲も演奏されているのは嬉しい限り。しかもDVDのボーナス映像として、1974年のTV番組出演時のスタジオ・ライヴ映像が追加されているのも嬉しいところ!収録曲は以下の通りです。

01:Grand Hotel
02:Something Magic
03:Butterfly Boys
04:Homburg
05:The VIP Room
06:Fires(Which Burnt Brightly)
07:Nothing But The Truth
08:Into The Flood
09:Simple Sister
10:A Salty Dog
11:An Old English Dream
12:Sympathy For The Hard Of Hearing
13:A Whiter Shade Of Pale
(アンコール)
14:Whaling Stories
15:Conquistador
■メンバー
Gary Brooker (Piano and Vocals)
Josh Phillips(Hammond Organ)
Geoff Whitehorn(Guitar and Vocals)
Mark Brzezicki(Drums and Vocals)
Matt Pegg(Bass and Vocals)

(ボーナス映像/1974 TV SPECIAL)
01:Bringing Home The Bacon
02:Toujours L'Amour
03:Grand Hotel
04:The Devil Came From Kansas
05:The Idol
06:Butterfly Boys
■メンバー
Gary Brooker (Piano and Vocals)
Chris Copping(Hammond Organ)
Mick Grabham(Guitar and Vocals)
B.J. Wilson(Drums)
Alan Cartwright(Bass and Vocals)

 この規模で最近もコンサートが行える、ということはそれなりの数のファンが今なお健在ということであり、同時に彼らが60年代後半から続けてきた活動とそこから生まれた作品たちが現在でもヨーロッパでは支持され続けている、ということをこのDVDは物語っています。まるで若者のように嬉しそうに耳を傾けるかつてのファンや、当時のことはタイムリーには全く知らない若い世代までもが一緒になって作り上げるライヴ、その光景はまさに理想的なものとして僕の瞳に映りました。2003年にロンドンのユニオン・チャペルで行われたライヴを収録した素晴らしいDVD『ライヴ・アット・ザ・ユニオン・チャペル』が以前日本でもビデオアーツからリリースされましたが(このライヴには、マシュー・フィッシャーも参加し、教会独特の荘厳な雰囲気の中で演奏された「青い影」のロング・ヴァージョンも見ることが出来ます)、この野外ライヴを収めた『PROCOL HARUM IN CONCERT WITH THE DANISH NATIONAL CONCERT ORCHESTRA & CHOIR』も、それとはまた違って開放感溢れる素敵な1枚です。特に大人数のオーケストラやコーラスをバックにした圧巻の演奏では、元々ゲイリー・ブルッカー達が実現したかったクラシックとロックとの融合が具現化されていて、ファンとしては嬉しくなります。

 僕がプロコル・ハルムと出会ったのは1980年代の中盤、当時放送されていた山下達郎さんのNHK FM「SOUND STREET」でのことでした。その時達郎さんは「僕が今まで聴いてきた多くの曲の中で、一番影響を受けた3曲の中の1曲をかけます」と言ってオン・エアーしてくれたのが「青い影」でした。当時、高校生だった僕は洋楽を本格的に聴き始めたばかりで、これを聴いて「何て美しい曲があるんだ」と驚いたことを覚えています。と同時に、当時大好きでよく聴いていたユーミンの初期の曲やTULIPなどが、この時に感覚的に一本の線で結ばれました。すぐに週末に渋谷のタワーレコードへ行き、プロコル・ハルムのアナログ・ベスト『PROCOL HARUM THE COLLECTION』(英Castle盤/製造は西ドイツ)を購入、ここからプロコル・ハルムとの長い付き合いが始まりました。それからはこれを繰り返し聴きながら、日本のロックやポップスにどれだけ彼らの影響が大きかったのか、を検証する毎日。それまで好きで聴いてきたはっぴいえんどや荒井由実、キャラメル・ママ、TULIPなどのアレンジの中にプロコル・ハルムの影響を感じ取っては、それを裏付ける当時の音楽誌などの記事を紐解く作業が始まりました。松本隆さんの『風のくわるてっと』を読み、ユーミンの「翳りゆく部屋」や『ひこうき雲』を徹底的に聴き…。
 当時はちょうどはっぴいえんどの再結成(1985年6月15日@国立競技場)もあったため、彼らの音楽性やその歴史的背景などに触れた記事やラジオ番組があったことも幸いし、かなり多くの収穫を得ることができました。これがその後の僕の仕事に役立つとは、当時は全く思ってもみませんでしたが、今振り返るとこのプロコル・ハルムを介した一連のルーツ確認行動が、僕にとっての活動の原点の1つ、とも言えたりするのです。
 だから後年、松本さんにお会いして共にプロコル・ハルム話をした時は、この上ない喜びを感じました。

 あれから20数年が経ちましたが、プロコル・ハルムを聴くたびに僕の中には高校生の頃のあの感覚が再び目を覚ますのです。
2009.05.04 下北沢散歩
 この連休は初日から天気に恵まれ、気持ちいいお散歩日和。ちょうど先々週あたりから仕事の方も連休前進行でかなり前倒しになって、今回は本当に休み前に入稿がおわるのか?かなり心配な事態のギリギリのところで作業は進み、どうにか4月末に無事終了。毎度のことながら何とかならないものかと考えても、結局変わらずに同じことを毎年繰り返している気がします。
 そういう時に限ってお誘いやイヴェントは多いもので、4/22には表参道で行われていた画家の和代人平さんの個展にお邪魔して「光り絵」を堪能し、4/24には青山MANDALAでCINEMAのライヴ、そして先週は写真家HABUさんの個展の最終日にお邪魔し、それぞれ素晴らしいものを拝見してきました。このところバタバタして目の前にあるものを終わらせることに終始している毎日だからこそ、こういう時間って本当に大切なんだな、とつくづく思いました。そしてまた新たなアイディアとやる気も湧いてきました。
 先日、このところすっかりご無沙汰していたレコード屋さんにふらっと出かけてみました。場所は下北沢。約1年ぶりに訪れた「FLASH DISC RANCH」は、基本的に昔と変わっておらず、いつ行ってもホッとできる希有な空間です。いつの間にやらアメリカ盤シングル・コーナーが増えていて、とりあえず7インチばかり6枚購入。このお店とはもう25年ぐらいのお付き合いで、つまり学生の頃から通っている大事な場所。かつて今のお店の半分の広さで営業していた頃から、色々とレコードについて教えて頂きました。特に印象に残っているのは、かつて600円でデニス・ウィルソンのアルバム『パシフィック・オーシャン・ブルー』のオリジナル・アメリカ盤を買ったこと、それからニック・ロウやモーターズなどのアルバムを安価なアメリカ盤でほとんど揃えられたこと。そういえばブルース・ジョンストンの1stアルバム(デルファイ・オリジナル盤)『サーファーズ・パジャマ・パーティー』もここで見つけて買いました。昔から安いことと掘り出し物があることで知られるお店でしたが、今なおその姿勢は変わっていません。その後数カ所を廻って、久しぶりにノアルイズ・レコードへ寄って店主の阿部君とお喋り。阿部君とも既に10数年のお付き合いになりました。相変わらずレア盤が並ぶ店内から、パンダ・ベリーの7インチ・シングル「GIMME JIMMY/ONE OF THESE DAYS」(Challenge-9182)を購入。ちなみにこのシングル、両面とも作者がフィレス・レコードから1枚だけシングルをリリースしているアル・ハザンなのです。阿部君とも久しぶりに会って色々と情報交換も出来ました。
 このところ、僕自身もネット通販でCDやレコードなどを購入することが多くなりました。単に買うのが簡単だから、という理由ばかりではないのですが、特に都内はレコ屋さんの閉店が相次いでおり、昔みたいに「あの店に行けばこれなら絶対に手に入る」っていうような勘も働かなくなりました。また大型店に行っても明らかに在庫を減らしてあったりして、その結果「時間をかけて廻っても見つからない、無駄足だった」という経験が多くなってきたからです。もちろんその中でも頑張っている店はあるのですが、そうするとついついネットで…ということに。下北沢のお店のようにやはり対面で話をしながら買う、というのはいいものです。
 何でこんなことを書いたかと言いますと、最近僕自身が大好きなUKやヨーロッパのインディーズ系/特にネオアコなどのアナログやCDを買うのに、以前なら某大型外資系店に行けば簡単に手に入ったものが、最近はなかなか店頭で見かけることも少なくなり、新譜でさえもどこで手に入れようか困ることがあるなのからです。特に自分のラジオ番組でいち早く紹介したいというものも多く、発売日に店頭に足を運ぶのですが、なかなか見つからない…。こんな時に頼りにしているのが、今は通販のみの営業となってしまったAPPLE CRUMBLE RECORDさん。しかし店頭では同じような経験をされている方も多いのではないでしょうか?以前、渋谷のULTRA3や池袋のON STAGE YAMANOが閉店した頃には、よく音楽好きの業界の方とお会いすると「最近、どこでCDやレコード買ってます?」っていう会話が挨拶代わりになっていたこともありました。

 ずっと応援しているUKはグラスゴーをベースに活動するカメラ・オブスキューラのニュー・アルバム『My Maudlin Career』が4月下旬に遂にリリースされたのですが、この新作もさすが大型輸入盤店などにはCDが並んでいますが、先行でシングル・カットされた「French Navy」は今のところ全く店頭でお目にかかれません。たまらずにとりあえずUKのレコ屋から取り寄せました。前作が素晴らしすぎたために今回はどんな感じなのかちょっと不安だったのですが、『My Maudlin Career』は聴けば聴くほど味わいが増すスルメ・レコードでした。これは自信を持ってお薦めします。

 その他にも以前から押しているスペインのElefantレーベルのCooperやCola Jet Set、Fitness Foreverなど、このところは良い作品が目白押しです。また6/6のケンウッドでのイヴェントでもご紹介できたらと思います。

 それから最後に、忌野清志郎さんのこと。僕は特に熱心なファンというわけではありませんでしたし、ご一緒に仕事をさせて頂いたこともないのですが、やはりRCサクセションやHISなどにおける清志郎さんの印象は、鮮明に大きく心に焼き付いています。高校時代の親友、A君はRCの大ファンで、よく部室で僕にRCのナンバーを聴かせてくれました。そんな彼に僕は、RC加入前の新井田耕造さんが在籍していたグループだよ、ということで、杉真理&レッド・ストライプスの2枚組『NICE PAIR』のレコードを貸しました。杉さんをはじめ色々な方から「清志郎さんってホントはこういう人なんだよ」っていうお話を伺ったこともあります。そんな素の部分に触れるたび、一度お会いして色々とお話をきいてみたいなと思うようになっていました。清志郎さんの悲報は、本当に残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。
 杉真理さんのブログ↓に、清志郎さんとの思い出が綴られています。
http://love-pop.music.coocan.jp/message/

 それから最後にお知らせを。
その1:音楽サイト「Off Stage Talk」がオープンしました。アーティストへのインタヴューを聴くことが出来ます。林立夫さんや杉真理さん、ハミングキッチン、伊藤銀次さん、佐野史郎さんなど素晴らしいラインナップです。どうぞチェックしてみて下さい。
http://offstagetalk.com/


その2:佐野史郎さんと仲間たちの写真展が開催中です。こちらも是非足を運んでみて下さい。
☆第一回『りす写友会』写真展「アルバス」
日時:2009年4月30日(木)~5月12日(火)
   11:00~19:00(5月6日休館)入場無料
会場:フォトエントランス日比谷/東京都千代田区有楽町1-1-2日比谷三井ビルディング1F/電話:03-3500-5957 http://www.hibiya.com/S35108.html
日比谷シャンテ側 三井プラザ入口よりお入りください。スターバックスコーヒーの裏となります。
出展者:佐野史郎、小川功、小豆沢茂、伊東俊介、柴崎友香、船寄剛、藤本智士、清永洋、tsukao、鍵岡龍介
企画・協賛:フジフイルム 協賛:ハクバ写真産業株式会社


その3:BOXのライヴが決まりました。8月14日(金)@表参道FABです。ちょうどお盆の時期ですが、次はいつ見られるか分かりませんので絶対にお見逃しのないように!

BOXライヴ「Journey To The Summer」
■ 日時:2009年8月14日(金)18:15 OPEN/19:00 STARAT
■ 会場:東京・表参道 FAB(渋谷区神宮前4-2-12 WES)
■ 出演:BOX
(杉真理 [Vo, G, Cho]/松尾清憲 [Vo, G, Key, Cho]/小室和幸 [Vo,B, Cho]/田上正和 [G, Cho] with 島村英二 [Ds]/小泉信彦 [Key])
■ チケット:前売 5000円/当日 5500円(税込/1ドリンク別途500円)
■ チケット発売:
・5月中旬~杉真理ファンクラブ/松尾清憲ファンクラブにて先行発売あり
(詳しくは5月中旬までにファンクラブ会員宛でお送りするDMをご覧下さい)
・一般発売:2009年5月31日(日)~販売開始(ぴあ/ローソン)
■ お問い合わせ:表参道 FAB
 TEL:03-5772-8566/info@fab-web.net
■ 表参道 FAB ホームページ http://www.fab-web.net


その4:私の師匠の1人であるブライアン鷲尾さんが店長を務める「すみや静岡本店」が、4月25日にリニューアル・オープンしました!従来は2Fにも分散していた音楽ソフト売り場が1Fに集結し、より見やすく充実したフロアとなりました。アナログ盤やCDをはじめとする中古ソフトを扱う「サウンド・キッチン」も1Fに移動し、好評を得ているそうです。静岡近郊の方、是非足を運んでみて下さい。店舗の様子は、すみや鈴木君のブログ↓で!
http://soultrane.blog120.fc2.com/blog-entry-37.html
なお5月30日には3Fにある「おれんじホール」で、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井延隆さんのライヴも行われます。


その5:次回の「Pied Piper Days-ようこそ夢街カフェの指定席へ」第33回ですが、6月6日(土)に行います。今回のゲストは、元ソニー・ミュージックの洋楽ディレクター、岡田了さんをゲストにお迎えして「洋楽制作の現場から」というテーマでお送りいたします。洋楽ディレクターとして、30年以上に渡って活躍された岡田さんならではの貴重なお話を聞くことが出来る、またとない機会ですので、どうぞ遊びにいらして下さい。入場無料、ただしご予約が必要です(5月7日 10:00~受付開始)。今回から開催時間が1時間早まりましたので、お間違えのないように。

「Pied Piper Days-ようこそ夢街カフェの指定席へ」第33回
洋楽制作の現場から~岡田了さんをお迎えして
●日時:2009年6月6日(土)16:00-18:00(開場15:45) ※時間帯が変わりました。ご注意下さい。
●場所:東京・ケンウッド スクエア・丸の内
●出演:長門芳郎(Believe In Magic)/
    土橋一夫(「Groovin'」編集長/Surf's Up Design)
●ゲスト:岡田了
●入場無料/要予約 ※5/7(木)10:00から受付開始
 予約受付:TEL:03-3213-8775 (ケンウッド スクエア・丸の内)まで
●定員:50名(お申込みの順番で立ち見になることもございます。また座席数が30弱の為、当日15:45より予約順に御着席戴きます。その時間に来られない場合は後回しとなり、御着席いただけない場合もあります。なお、複数での申込みで、遅れて来られる方の席の確保は開始直前までとさせて戴きます。また事前にご予約のない方のご参加はできません。ご了承下さい。)
●内容:この「Pied Piper Days」は、FM番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」でも共演する長門芳郎+土橋一夫が、洋楽・J-POPSを問わずその時々に合った気になる曲を、お喋りと共に選りすぐりでお届けする音楽イヴェント。今回はソニー・ミュージックで洋楽ディレクターとして、30年以上に渡って活躍された岡田了さんをお迎えして、「洋楽制作の現場から」と題して様々な洋楽にまつわるお話を中心にお送りする、洋楽ファン必見の内容です。さらに恒例のリイシュー盤や新譜情報、試聴など、ここだけの濃い内容をご用意して皆様のご来場をお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。