上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まずは御礼から。昨日、JVCケンウッド丸の内ショールームにて行いました「Pied Piper Days Vol.39」にお越し頂きました皆様、誠にありがとうございました。
 今回は元シュガー・ベイブの村松邦男さんをお迎えしての、さながらシュガー・ベイブ特集でしたが、貴重な話も色々とお訊きすることが出来ました。
 なお次回ですが、8/7(土)の開催を予定しております。内容・特集・ゲストなどは未定ですので、是非リクエストもお待ちしております。

 それから丸の内でも発表しましたが、以下のようなトーク・イヴェントを行うことになりました。限定40名様で、焼小龍包を食べながら、当時の貴重なお話をお伺いする、またとない機会になりそうです。6/6(今日)13:00~メールのみで予約受付しますので、是非この機会をお見逃し無く!

===============================================================
Again presents「泰安洋行Night」

泰安洋行night


ちょうど今から35年前…つまり1975年、多くの名盤が誕生しました。大滝詠一『NIAGARA MOON』、シュガー・ベイブ『SONGS』、小坂忠『ほうろう』、鈴木茂『BAND WAGON』、細野晴臣『トロピカル・ダンディ』、ティン・パン・アレー『キャラメル・ママ』など、数えればキリがありません。そしてこれらの作品は、40年を経た今でもなお、音楽ファンに支持され続けています。「泰安洋行Night」はそんな35年ほど前のシーンに思いを馳せながら、ティン・パン・アレーを中心とした当時の音楽シーンについて話す、トーク・イヴェントです。しかもティン・パン・アレーと言えば1976年に行われた伝説の中華街ライヴということで、今回はテレビや雑誌で大人気の自由が丘・大山生煎店とのコラボが実現!同店の看板メニュー「生煎」(焼小龍包)を食べながら、さらにゲストとして当時のクラウンレコードの担当ディレクター:国吉静治さんと、当時のティン・パン・アレーのマネージャー:長門芳郎さんをお迎えして、その頃のエピソードもたっぷりとお訊きします。もちろん当時の貴重な資料やここだけのお話もご用意。限定40名ですので、お申し込みはLive Cafe Againまでお早めに!

Again presents「泰安洋行Night」
■日時:2010年7月8日(木)OPEN 19:00/START 19:30
■会場:東京・武蔵小山 Live Cafe Again
  東急目黒線, 南北線, 都営三田線直通・武蔵小山駅下車 徒歩1分
■ナヴィゲーター:土橋一夫(Surf's Up Design/原盤制作ディレクター)
■ゲスト:国吉静治(当時 クラウンレコード担当ディレクター)
     長門芳郎(当時 ティン・パン・アレー・マネージャー)
■定員:40名限定(お申し込み順)
■料金:1,800円
(自由が丘・大山生煎店製「生煎」(焼小龍包)+1ドリンク付)
■お申し込み方法:e-mailにてLive Cafe Againまで(s.ishikawa@cafe-again.co.jp)
※お申し込みはe-mail一通につき2名様までとなります。
■ご予約受付開始日:6月6日(日)13:00~
※e-mailでの受付順に整理番号を発行します。
※e-mailでのご予約に関して、6月6日(日)13:00以前の到着メールは無効になりますので発信時間にご注意ください。メール受信順に整理番号を発行し、返信致します。
※40名限定のイヴェントのため、定員に達し次第ご予約受付を締め切らせていただきます。予めご了承下さい。
■お問い合わせ:Live Cafe Again http://www.cafe-again.co.jp/
  品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
  TEL:03-5879-2251/e-mail:s.ishikawa@cafe-again.co.jp

※このイヴェントのお申し込みは、定員に達しましたため、終了させて頂きました。
どうぞご了承下さい。ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。