上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 明けましておめでとうございます。
 2011年がいよいよスタートしました。新春に相応しく、東京は穏やかな天気に恵まれ、セールや初詣などですごい人出です。

 今年はまさに変革の年、というのが私の中での大きな位置づけです。音楽界においては、昨年もイヴェントやブログ、ラジオ番組などを通じてことあるごとに言って参りましたように、取り巻く制作環境や音楽をユーザーに届けるシステム、そういったものがここ数年で大きく変化し、もはや今までのような制作・宣伝・流通の考え方は通用しなくなりつつあります。

 と同時に、聴く側もそれに対応して、自身から能動的に正しい情報を集めて対処しないと、欲しい音楽を手に入れることが出来ない、もしくは知らない間に買い逃していた、ということも往々にして起こり得るわけです。

 それは何もパッケージ、ノン・パッケージに限ったことではありません。

 そんな中、求められるのは、やはりきちんとした「作り手側の思い」が込められた音楽、ということになるのでしょう。使い捨ての音楽、今だけの音楽にもう飽き飽きして、本物志向で良いモノを求める、そんな若いリスナー達もどんどん増殖していますし、大変な思いをして輸入盤を手に入れていた昔を知る世代ももう一度立ち上がって、様々な動きを見せています。これは、純粋に音楽ファンとして喜ばしいことです。

 ここ数年、音楽プロデューサーの牧村憲一さんがセミナーや書籍などを通じて「一人一レーベル」を提言されてこられました。私も初期段階からお誘い頂き、牧村さんともこれを含めた様々な音楽の可能性について話し合ってきました。そんな中、たまたま色々な環境が整ったこともあり、既報のように今年2月からヴィヴィド・サウンドさんと共同で新レーベル「FLY HIGH RECORDS」「JET SONGS」を立ち上げることとなりました。現在は2/23にその第1弾としてリリースする、シンガー・ソングライターの玉城ちはるさんのアルバム『ここにいること。』を制作中です。この作品については追ってお知らせしますが、楽曲やアレンジ、演奏については当初の予想を遙かに超える、いい仕上がりです。

 年末ギリギリまでレコーディングし、1日に最初のラフ・ミックスが4曲上がってきました。これを聴きながら、改めて駆け足で進めたレコーディングの様子が次々と甦ってきて、新年早々目頭が熱くなりました。その場でお世話になった方々の笑顔や、その場でのやりとりの記憶は、大切な宝物です。

「FLY HIGH RECORDS」「JET SONGS」についてはこちらを。
http://shyglance.web.fc2.com/index.html

 「偶然は必然」…そんなことばがこの日記でもこれまでに度々登場してきましたが、玉城ちはるさんや、今作のアレンジの多くを担当してくれた菅大祐さんとの出会いも、まさに「偶然は必然」といったものでした。経緯は改めて書きますが、また玉城さんを通じて、例えばかつて私が編集長を務めさせて頂いていた音楽フリー・マガジン「Groovin'」に10年ほど前に連載を寄せて下さったシンガー・ソングライターのハセガワ ミヤコさんや辻香織さんと再会することができたり、「Groovin'」でも度々作品を取り上げていた松本英子さんが『ここにいること。』に参加して下さったり、さらにmixiやTwitterを通じて知り合った様々な方々とご一緒にお仕事できたり、そんなことがこの半年ほどの間に頻繁に起こりました。 旧友との関係復活、そして新たな繋がりも急速に広まりつつあります。

 このほかにも、ちょうど10年ほど前にCymbalsやイヴェント「エスプレッソを、もう一杯」などを通じて知り合ったシトロバル(米山美弥子さん)と再会したり、風街レコード以来となるノラオンナさんと改めてお会いできたり、間接的に知り合いだった多くの方々と今度はリアルに繋がったり、昔では考えられないような方法も加わって新たな仲間も増えました。

 今年はそんな縁と繋がりを大切にしながら、自分たちらしい作品を自分たちの手で広めていきたいと思っております。

 何分にも少人数で進めているプロジェクトが多いため、至らない点も多々ございますが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2011年1月4日 土橋一夫

PS:今年4月にはK-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」も放送10周年を迎えます!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。