上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この2週間ほど、皆さん同じように余震が感じられる度に相当な恐怖心とストレスを感じながら過ごされてきたことと思います。毎日テレビでは、被災地の様子が報じられていますが、そのあまりの惨状に目を覆いたくなることの連続です。

 東京は震度5弱の揺れで、かなり怖い思いはしたものの、私はむしろその後の人々の動きや、駅に殺到する群衆、買い占めをする人たちによって空っぽの世界になったコンビニやスーパー、入荷がないにも拘わらず並び続けるガソリンスタンドの列、そうしたものへの違和感の方が強く心に残りました。

 音楽業界も大きな打撃を受け、販売店はいつも通りの営業が出来ず、流通網は寸断を余儀なくされ、商品が届かない、そして軒並み今月発売の新譜は延期と、さんざんな状態が続いています。私どものレーベル、FLY HIGH RECORDSのディストリビューションをお願いしているヴィヴィド・サウンドの倉庫と物流センターも仙台にあり、商品が散乱するなどの被害に遭ったと聴いておりますが、幸いなことに倉庫のスタッフは無事だったとのことで、ひとまずホッと胸をなで下ろしました。

 そんな中で、3/21に大滝詠一さん関連のボックスや『ロング・バケイション 30th Anniversary Edition』は、予定通りリリースされました。そして当日は夜の12時まで、NHK FMで「今日は一日 "大滝詠一三昧"」が放送されました。こんな状況下でナイアガラ・サウンドを聴くことは恐らく今後もないと思いますが、本当に音楽のパワーを身をもって感じることが出来て、嬉しいの一言です。

 どうかこれから日本が、一日も早く元の笑顔を取り戻せますように。祈りを込めながら、これからも大瀧さんのサウンドに耳を傾けたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。